男性の薄毛の場合AGA男性型脱毛症と呼ばれておりますが、女性の場合の薄毛にはFGA女性型脱毛症と呼ばれています。
ある程度年齢を重ねると起きてしまう現象、薄毛ですが、性別の違いもあり誰もが体験してしまうかもしれない症状です。
ですが年齢だからと諦めるのではなく、薄毛は治療を行うことで今では改善することも可能になっています。
AGAとは男性型脱毛症ですが、生え際や頭頂部が薄くなり地肌が見えてしまうこともあります。
AGAの場合には特効薬として内服薬がありますが、問題は健康保険が適用されないために費用に大きな負担が圧し掛かってきます。
そして費用だけでなく発毛効果には時間が凄く掛かり、数年先を目安にして置かなければいけません。
またFGA女性型脱毛症の場合には、男性とは違い抜け毛が増えて全体的なボリュームが失われる現象です。
ですから生え際などが薄くなり始め目だってしまうことが多いようです。
女性の場合には女性ホルモンの減少が大きな影響を与えており、20代を過ぎると女性ホルモンが減り始めます。
そして40代頃には更年期障害なども引き起こすことも感がられているのですが、AGAと同じように治療を行うことで薄毛を解消することはできます。
また生活習慣や育毛剤を使うことでも改善されることもあります。